会計事務所と連携、データ分析技術で企業の綾を紐解く


弊社は、兵庫県尼崎市で約70年続く税理士事務所の併設法人として、2013年1月に設立されました。

第四次産業革命と言われる変化の激しい時代に生き残るためには、各企業が従来のやり方と一線を画し、新しい手法やビジネスモデルに果敢にチャレンジしていかなければなりません。


その一つの手法として、大量に収集・蓄積できるようになったデータを利活用し、経営効率・生産性の向上に努めるというアプローチがあります。私たちはデータを活用した「意思決定支援」と「定型業務の自動化」の二軸でデータ分析サービスを提供する専門チームとして立ち上がりました。

日々の会計データや決算数値には企業のヒト・モノ・カネの動きが集約され、そのストーリーを巧みに紐解けば多様な企業活動の綾が見えてきます。私たちの強みのひとつは、会計事務所との連携のもと、データ分析でその綾を紐解き、「生きた情報」へと転換するところにあります。

中小企業や大企業の各部門の人材が自らデータ分析をし、素早く精度の高い意思決定を行うーそのための分析基盤構築やデータ利活用支援をこれまで行ってきました。今後もさまざまな業種・分野での活用ノウハウを蓄積し、ローカル経済圏に対して分析技術の普及・浸透に努めてまいります。

また2015年1月からは関西圏で社会人向けのデータ分析教育講座をスタートし、これまで5期にわたり約3か月間の教育プログラムを実施してまいりました。今後さらに講座コンテンツを拡充し、企業や地域で活躍できる分析人材の育成に注力してまいります。

ここ数年ビッグデータ、AI、IoTなどの言葉が飛び交い、世間的な注目度の高い分野ではありますが、私たちは地に足をつけて「本質的な課題の抽出」と「それを解決できる人材の育成及び分析サービスの提供」に邁進してまいります。

どうぞご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

2018年6月吉日
株式会社eftax 取締役 中井 友昭